人気邦画「るろうに剣心」の原作について

日本邦画の金字塔を築いた「るろうに剣心」ですが、原作は少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。かなりのロングセラーを誇り、今なお根強い人気を博しています。

るろうに剣心は邦画として3部作に分かれており、原作でも人気のある話を中心に描かれています。1作目である「刃衛編」と「かんりゅう編」では、多少のオリジナルを出しつつも、名シーンや使用している武器や技などは忠実に再現されています。特に殺陣のシーンが多いので演者にとっては大変だと思います。しかもこの主人公は神速の剣客という肩書きがあるので、すべての殺陣がスピーディーで見る人を飽きさせないです。

そして原作でも一番人気のある「志々雄編」では、ほとんどが忠実に再現されており、暗殺のシーンや殺陣のシーン、またはそれぞれの出会いのシーンなども静止画やアニメよりも臨場感があります。

また、るろうに剣心は登場するキャラクターの個性が強いことでも有名ですが、それを旬の役者さんから演技派の方まで幅広い方が演じられていることでも評価が高いことに頷けます。