邦画のアクション映画の特徴とは何か

日本人向けや日本文化を確認することが出来る邦画におけるジャンルとして、アクション映画というものがあります。そこでこのジャンルにおける特徴を紹介していくと、日本人が作っているため内容を理解しやすいということがあります。

基本的に日本が舞台となって作られているため、初めて見る映画であってもおおよその内容は理解出来ることがポイントです。また洋画に比べて人間ドラマという面において、より内容が濃い演出がされていることも特徴となっています。日本で有名な俳優などが出演するため、ファンの方にとってはそれだけで楽しめるということもポイントです。

アクション映画というジャンルになっていることから、基本的に悪者をやっつけていくといったものになります。一種のヒーロー映画的なジャンルでもあるため、難しく考えなくても楽しむことが出来るように作られています。さらに洋画のように派手なアクションシーンなどもないので、比較的落ち着いて観賞をすることが可能です。日本人が主演をすることが多い作品なので、外国語を話せなくても問題なく理解することが出来るようになっています。

また洋画に比べて銃撃シーンといった場面が少なくなっており、肉弾戦を中心に演出をすることが多くなっています。これはアメリカのように日本が銃社会でないことが関係しており、これも1つの映画上における演出となります。そのため仮にアクション映画というジャンルであっても、洋画のように死人が出るといったこともあまりないのが特徴です。これも実際の警察組織の逮捕術と関係していることが多く、取り押さえるといった演出が多くなっています。

ですがきちんと空手や柔道などの技が見れるシーンもあるので、日本独自の文化についても使われていることもポイントとなります。なお肉弾戦が多いアクション映画を撮影する時には、主演俳優に一定期間の体力作りを監督から命じられるということもあります。